2018年度 一般会員登録開始しました!

ABOUT

一般社団法人障害者サーフィン協会について

日本障害者サーフィン協会の目的

日本障害者サーフィン協会(JASO)は、日本の障害者サーフィンにおいて代表的な立場となり、障害者サーフィンの普及と障害者サーフィン競技の健全なる発展を図る目的で設立されました。 合わせて、障害者サーフィンを通じて日本国内の水上での障害者スポーツ活動への関心を高め、国内や海外の障害者サーファーとの親睦を図ることを目的とした事業を展開していきます。

The Japan Adaptive Surfing Organization (JASO) is to act as the representative of the members engaged in adaptive surfing in Japan, and as the central institution to promote sound  development of adaptive surfing competitions, to raise awareness of oceans sports and facilitate healthy physical development through adaptive surfing, and to facilitate friendship among domestic and overseas adaptive surfers. In order to achieve the aforesaid purpose, the organization shall perform the following activities and projects.

代表理事 President
阿出川 輝雄 (Teruo Adegawa)

この度、日本障害者サーフィン協会が日本サーフィン連盟の元に発足いたしました。 発足にあたり、ご尽力くださいました皆様に感謝いたします。 サーフィンは2020年東京オリンピックの正式決定後、近年、国民的スポーツとして、 社会的地位が向上しております。その中で障害者サーファーに対する理解度、認知度は日本においては 誠に低いと思わざるを得ません。私自身この認知度、理解度の低さを体験いたしました。 脳内出血により右半身不随になり、リハビリ後に再びサーフィンを試みました時、 たくさんのサポートがありましたが、私の海への復帰願望は叶えることができませんでした。

一方、やはり障害を持つようになってから始めたゴルフはパラリンピックを目指し、選手層も厚く、 非常に盛り上がっておりました。それぞれのハンディキャップに応じたクラス分けなど、 参加の皆さんが健常者に劣らない成績を競い、何より、お互いを助け合い、明るく生き生きとプレー している姿に感銘を受けました。 障害者のサーファーにも、そのような環境を整えたいと強く思いました。 世界では国際大会が開かれ、多くの国から参加者が集まっています。この協会では、全国の障害を 持った方が情報を交換しながら、海での喜びを共有し、技術の向上、用具の発展を図り、国内大会を はじめ、国際大会に選手を送ることができることができるように活動していきたいと思います。 今後とも、ご意見、ご協力をよろしくお願い致します。

In this October, under the Japan Surfing Association, we the Japan Adaptive Surfing Organization was established. I would like to express my sincere gratitude to all who had helped in founding this new association.   Since it was decided that surfing should be included in the official sports events of the Tokyo Olympic Games in 2020, it has gained a significant status among the national sports. However, I must admit that the public recognition and understanding of adaptive surfing is unfortunately poor yet. I personally experienced this disadvantage when I was trying to ride the waves again, after the right side of my body was paralyzed from a cerebral stroke. Many people encouraged me, but it was difficult for me to fulfil my desire to come back to the ocean. On the other hand, in golf which I started to play after I had this physical disability, the number of adaptive players were quite big and they were very high spirited. I was so impressed by their happiness and liveliness in which they were playing golf, helping each other, performing in different classes according to their handicaps, and competing as equal as the non-handicapped. I decided in my mind that I would do my best to help provide the adaptive surfers with a similar environment.   Overseas, international competitions of adaptive surfing are held, and performers from many countries attend them. We, the JASO, assisting the physically disabled surfers of this country in sharing information and joy of marine sports, and in development of techniques and equipment,

理事 Director
小路 正和(MASAKAZU KOJI)

理事 Director
片桐 茂(SHIGERU JATAGIRI)

理事 Director
阿出川 百合子(YURIKO ADEGAWA)

理事 Director
山本 力也(RIKIYA YAMAMOTO)

理事 Director
和田 路子(ROCO WADA)