2018年度 一般会員登録開始しました!

一般社団法人日本障害者サーフィン協会 会員規約

1条(本規約の使用範囲)本規約は、一般社団法人日本障害者サーフィン協会(以下「当協会」という。)の主旨及び目的に賛同し、会員となった法人、団体及び個人に適用する。

2 条(会員の種類)
1.
当協会の会員は、本項に定める3種とする。 (1)一般会員 身体に障害があり、当協会の目的に賛同して入会した個人。 (2)賛助会員 当協会の事業を賛助するために入会した個人、法人又は団体。 (3)ボランティア会員当協会の目的に賛同し、ボランティアとして協力する個人。

3 条(入会)
1. 一般会員として入会しようとする者は、本規約を理解・遵守することに同意 し、申し込むことによって会員となる。
2.
賛助会員として入会しようとする者は、別に定める入会申込書を当協会に提出し、理事会の承認を得ることによって会員となる。
3. ボランティア会員となろうとする者は、本規約を理解・遵守することに同意し、申し込むことによって会員となる。

4 条(変更届) 以下のいずれかに該当する場合、会員は、速やかにその変更事項を書面にて当協 会に届け出なければならない。
(1) 法人又は団体の名称、本店若しくは主たる事務所の所在地又は代表者に変 更があったとき
(2)個人の氏名又は住所に変更があったとき

5 条(年会費)
1.
年会費(税別)は会員の種類に応じて次の各号に定めるとおりとする。
(1) 一般会員 無料(2018 1 月現在)
(2) 賛助会員 個人:1 5000 円 団体:1 2 万円
(3) ボランティア会員 無料
2.
会員の対象期間は、1 1 日から 12 31 日までとし、会員は、その対象期 間における年会費を当年度の 5 31 日までに納入しなければならない。
3.
2 項の規定に関わらず、事業年度の途中に入会する会員の年会費に関して も期間に応じた減額はなく、全額を支払うものとする。なお、当該会員は入会と 同時に支払うものとする。
4.
年会費は、課税扱いとする。

6 条(一般会員の特典) 一般会員は次の特典を享受することができる。 (1) 当協会からの情報配信
(2)当協会が主催するイベントへの参加優待権

7 条(賛助会員の特典)
賛助会員は次の特典を享受することができる。
(1) 当協会からの情報配信
(4) 当協会が主催するイベントでの PR 機会の提供
(6) 当協会ホームページ上での賛助会員名掲載(希望制)
(4) 団体会員の場合、5口以上でホームページのトップページ、またイベントバナーへの広告を掲載(希望制)

8 条(ボランティア会員の特典)ボランティア会員は次の特典を享受することができる。

  • (1)  当協会からの情報配信
  • (2)  当協会が主催又は共催するイベントへのボランティアでの参加による記
    念品の贈呈
  • (3)  ボランティア活動証明書の発行

9 条(会員の資格喪失)会員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退会したとき
(2) 成年被後見人または被保佐人になったとき
(3) 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、または解散したとき
(4) 定期に会費を納入せず、当協会による会費の納入に関する督促が3回に達 したとき(賛助会員)
(5) 除名されたとき
(6) 総社員の同意があったとき
(7)当協会が保有し、または管理を受託している知的財産または技術もしくは情報(文書図画等および電磁的方法によって指示されるもの、機会器具類を含む)を、寄託者もしくは原権利者または当協会の承諾なくして他の者に再実施させ、または公開・漏洩等をしたとき。

10 条(退会)会員はいつでも退会することができる。

11 条(除名)
1. 会員が次の各号のいずれかに該当するときは、社員総会において総社員の半 数以上であって、総社員の議決権の3分の2以上の多数による決議により、これ を除名することができる。この場合、その会員に対し、社員総会の 1 週間前まで に除名の理由を付して通知し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)当協会の定款又は本規約に違反したとき。
(2) 当協会の名誉を毀損し、又は当協会の目的に反する行為をし、会員として の義務に違反したとき。
2.
前項により除名が決議されたときは、その会員に対し、通知するものとする。

12 条(会員資格の喪失に伴う権利及び義務)
1.
会員が前3条の規定によりその資格を喪失したときは、当協会に対する権利 を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることはできない。 2. 当協会は、会員がその資格を喪失しても、会員が既に納入した会費その他の拠出金品は、返還しない。

13 条(会員名簿)

当協会は、会員の氏名または名称及び住所を記載した会員名簿を作成する。

14 条(本規約の改廃)本規約の改廃は、理事会の決議によって行う。

15 条(紛争解決)当協会と会員の間に紛争等が生じたときは、互いに誠実に協議するものとする。

16 条(補足)本規約の実施に関し必要な事項は、理事長が別に定めるものとする。